ブログ

中国人は台湾の大学生活をどう見るか

[Date: 2011年01月18日]

台湾の新聞記事にこんなものが掲載されていました。
「台湾にいる中国人留学生は、台湾での生活がとても便利だと感じている」
これは中国から来た学生からよく聞こえてくる台湾の印象だそうです。

記事の内容を抜粋すると、ある中国人の学生が台湾に短期交流留学に来て感じたことは、台湾の大学や生活環境は中国よりも良いということだそうです。学校の寮の設備を例に挙げると、コインランドリーがあることや24時間熱いシャワーが浴びられることも中国の大学とは違うと言います。台湾は食事も美味しいし、街の人も優しかったと言っています。

実際、台湾では中国の人に偏見の目を持っている人も少なくありませんが、今年から台湾の大学でも中国人留学生の受け入れを開始する等、教育面では互いの交流を深めています。ただ、中国人留学生受け入れに関しては、まだまだ慎重な姿勢を崩していないようで、台湾奨学金の申請が出来ないことや、アルバイトが出来ない、しかも卒業証書の認可のある高校も少ないようで、全体的に制限が多い法律となっています。実際に急激に中国人留学生が増えることは無いと思われます。

最近日本の某大学への「偽造留学」が問題になっていますが、日本人学生に関してはそういうリスクも少ない為、台湾の大学側では非常に歓迎しています。

« ブログ一覧へ戻る