台湾教育ニュース

台湾の国際競争力、世界11位に前進=IMD

[Date: 2015年07月15日]

 スイスの調査研究機関、国際経営開発研究所(IMD)が出版した最新の「2015年IMD世界競争力年鑑」で、評価の対象となった61カ国・地域のうち、中華民国(台湾)は11位だった。前年から2ランクの前進。アジアでは香港、シンガポールに次いで3位だった。
 評価の基準となる4つの大指標のうち、今年最も評価が高かったのは「政府の効率性」で世界9位と、前年から3ランク前進。「経済状況」と「ビジネスの効率性」もそれぞれ3ランク前進した。一方、「インフラ」は前年から1ランク後退とわずかに順位を下げた。

引用:http://taiwantoday.tw/ct.asp?xItem=232543&ctNode=1782【 Taiwan Today】

« 台湾教育ニュース一覧へ戻る