語学留学

※当センターでは語学留学に関するサポートは行っておりません。ご了承下さい。

語学留学とは、語学の習得のみを目的として、数週間~1年間にわたり、現地で語学を学ぶ方法です。台湾に中国語を学びに語学留学に行く人の数は、年々増加しています。語学留学のメリットは、ご自分の希望に合わせた期間や、中国語レベルに合わせた授業を受けることができるところですので、社会人にも人気が高い留学方法の一つです。
但し、気をつけるべきは、語学留学では現地の環境の下で活きた中国語を学ぶことが出来ますが、全く基礎が無い状態で渡航しても時間の無駄になってしまうことです。やはり、ある程度の基礎を身に付けてからの語学留学をお薦めします。

~「語学留学」を検討されている方へ~

以下に一般的な台湾の大学付属語学センターと、当センター併設の台湾大学進学予備校を比較した表を作成しました。
台湾大学進学予備校では、正規留学に向けた中国語の集中授業を行っておりますので、日本にいながらにして語学留学をするのと同じ様に中国語を学ぶ事が出来ます。一見現地で勉強した方が環境が良いと思われがちですが、実際中国語ゼロの状態で行くと、中国語や英語での文法説明さえ聞き取るのが難しいですし、1日の授業時間も少ない為、空き時間を活用出来ずに効率の良い学習が困難である場合が多いです。
更に、語学留学から本科留学を目指す学生がほとんどいない為、大学進学も自己責任で全て行わなければなりません。大学への申請資料も日本でしか準備できない為、どちらにしても留学期間中に一時帰国を余儀なくされます。
従って、大学入学までの語学学習には、直接台湾で語学留学するよりも「台湾大学進学予備校」で台湾人のネイティブ講師の指導を受けることをお薦めしています。また、既に中国語の基礎が出来ている方には、本科正規留学をお薦めします。やはり社会人になってからの短期留学では、今後益々必要となるビジネスレベルの中国語がなかなか身に付かないからです。

語学留学比較表

説明:
① 上記のような大学附属語学センターでは全て中国語で授業が行われる為、中国語が全く出来ない人は授業に難しい。
また、1日2時間しか授業が無い為、中国語が全く出来ない人はアルバイト等時間の有効活用が出来ない
② 3ヶ月~1年間の短期留学では、日常会話まで習得するのが精一杯で、ビジネスレベルには到達しない。
③ 台湾大学進学予備校の場合、空き時間にアルバイトをして学費に充てることも可能である。
(下宿代や食費も状況により個人差がある。)
→ 総費用に大きな差は無いが、中国語の基礎力無しで台湾に行くと、進歩が遅いだけでなく、安全面でのリスクも高まる。
★事前中国語学習は、高校に通いながら(卒業直後でも可)台湾大学進学予備校等で学ぶことをお薦めします。
★正規留学で本格的にビジネスレベルの中国語を習得しましょう。

台湾大学進学予備校HP:http://tw-academy.com/

日本のパスポートでは、90日以内の短期滞在はビザ取得の必要はなく、大学付属の語学学校なら奨学金を受けられる可能性もあります。以下は、語学留学専用のビザが申請できる大学付属語学学校の一覧です。

大学付属語学学校

国立台湾師範大学国語教学中心 国立中央大学語言中心華語組 国立台湾大学文学院語文中心
輔仁大学付属語言中心 国立政治大学華語文教学中心 銘伝大学華語訓練中心
中国文化大学推広部華語中心 東海大学華語中心 国立交通大学言語学校
逢甲大学華語文教学中心 国立清華大学華語中心 静宜大学華語文教学中心
国立高雄師範大学語文教学中心 中華大学華語中心 国立成功大学文学院華語中心
国立台中教育大学華語文中心 国立中山大学華語教学中心 文藻外語学院華語中心
国立中正大学語言中心 開南大学人文社会学院華語中心 国立台北教育大学華語文中心