台湾教育ニュース

  • 世界の競争力1位は昨年に続き香港、台湾は7位に

    2012.05.31

     スイスの経営開発国際研究所(IMD、ローザンヌ)が5月に発表した「国際競争力年鑑」2012年版によると、世界の国・地域で競争力が最も高いのは昨年に続き香港だった。昨年トップを分けた 米国は2位に後退、3位には前年5位から順位を上げたスイスが入った。台湾は昨年から1位後退して7位、中国は4位後退して23位、日本は前年の26位から27位に順位を下げた。
     調査対象国54カ国の中でも近年実力をみせているのは香港で、今回はアメリカが後退したため単独首位となった。台湾は昨年の6位から1位後退したものの、アジアでは香港、シンガポールに次ぐ3位で、主な競争相手国である韓国(22位)、中国(23位)、日本(27位)よりも上位をキープする結果となった。
     IMDは毎年、約300の公式統計や独自調査の結果を分析し、主要国・地域の競争力を順位付けしている。年鑑の発表を始めた1989年から93年まで日本は総合首位だったが、現在は台湾や韓国、中国を下回る。

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop