台湾教育ニュース

  • 大学進学した学生の寿命は長く、稼ぎも多い!?

    2012.09.13

     受けた教育のレベルが高いほど、平均収入は高くなる。
     経済協力発展機構(OECD)が9月11日に発表した調査報告によると、全般的に、受けた教育のレベルが高ければ高いほど、寿命は長くなり、収入も増えるという。
     今回の「2012年図表で見る教育」という調査によると、大学進学をした人は、高等教育を受けていない人と比べると、平均寿命が2年長く、投票に参与する機会も増え、弱者層に対する平等の権利を主張するということが分かった。
    教育がもたらす実質的な優位性は、就職面で最も際立った成果を見せる。調査によると、高等教育を受けた人は、後期中等教育(高校)しか受けた事がない人よりも、失業率は3分の1も低いと言う。
     全般的に見て、教育を受けた時間が長ければ長いほど(つまり、教育レベルが高いほど)、収入は上がる。もし高校での教育を受けた場合、高校教育を修了していない場合よりも毎年平均$4,000(約32万円)も増え、更に大学教育を修了すると、修了していない場合よりも更に毎年平均$12,000(96万円)も増えることになる。

    (北京新浪網 2012年9月12日)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop