台湾教育ニュース

  • 英レガタム繁栄指数、台湾は日韓より上の20位

    2012.10.30

    (ロンドン 30日 中央社)英シンクタンクのレガタム研究所が142カ国・地域を対象にまとめた2012年レガタム繁栄指数で、台湾は20位と、日本(22位)と韓国(27位)のいずれよりも上位にランクされていることが30日わかった。

    同指数は、アンケート調査や世界銀行など国際機関のデータを基に、各国・地域の「経済成長」、「幸せ」、「生活の質」などを総合的に評価して格付けしたもので、レガタム研究所により2007年以来毎年発表されている。

    6回目となる今回のレガタム繁栄指数のトップ5は、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランドで、アメリカは12位、中国大陸は55位。

    台湾は昨年と同じ20位で、指数を構成する8つの副次的指数の中で、ガバナンス(31位)を除いた7つはすべてが上位30位以内に入っている。そのうち、特に教育と経済の2つが高く評価されており、教育はニュージーランド、オーストラリア、カナダに次ぐ世界4位、経済は同7位だった。

    (中央社フォーカス台湾 2012年10月30日)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop