台湾教育ニュース

  • 台湾、15歳以上は大学・専科学校卒が最多

    2013.04.09

    内政部は6日、中華民国(台湾)の15歳以上の教育程度に関する統計を発表した。2012年末の時点における15歳以上の人たちの教育程度は、大学・専科学校卒業が39.4%で最も多く、次いで高校(高等職業学校含む)卒業で31.9%だった。専科学校とは中卒で入学して5年間学ぶ5年制と、高等職業学校を卒業して2年間学ぶ2年制の学校がある。

    世界と比較した場合、中華民国は2010年末の時点で、25~64歳の人のうち高等教育を受けた人の割合は40%で、OECD(経済開発協力機構)諸国の平均値31%を上回った。韓国とは同レベルだったが日本の45%には及ばなかった。その他、主要な欧米諸国のうち、カナダ(51%)、アメリカ(42%)、ニュージーランド(41%)には劣ったものの、その他の国は上回った。

    台湾で高等教育を受ける人の割合はますます増えている。写真は外国人教授を招いての講義。
    (中央社ニュースサイト,TAIWAN TODAY より 04/08/2013)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop