台湾教育ニュース

  • 報道の自由に関する世界報告書「台湾は報道の自由享受」

    2013.05.04

    米人権団体のフリーダムハウスは2日、報道の自由を評価した2013年の年次報告書を発表、中華民国(台湾)は、報道の自由を享受している国家との評価を受けた。

    この報告書の調査対象は、世界197カ国・地域で、うち中華民国を含む66カ国が「自由」と分類された。台湾の報道環境はアジアでも最も自由な水準にあり、健全で多元的なメディアが、国の政策や政府の行政の欠点などを十分に伝えていると報告書は指摘した。

    null

    米フリーダムハウスの報道の自由を評価した2013年の年次報告書によると、中華民国(台湾)は、報道の自由を享受している国家との評価を受けた。
    (中央社ニュースサイト,TAIWAN TODAYより 05/03/2013)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop