台湾教育ニュース

  • ソブリン・リスク指数、台湾が世界7位に

    2013.04.25

    資産運用やリスク管理、コンサルティング業務を世界で展開する米ブラックロックは23日、今年第1四半期のブラックロック・ソブリン・リスク指数(BSRI)を発表した。上位3位は順に、ノルウェー、シンガポール、スイスだった。中華民国(台湾)は7位で前回から1ランク前進した。主に「返済意欲」のカテゴリーが新興国のうち2位と高かったことが理由。同社によると、BSRIとは、各国のソブリン(国債・政府機関債)の信用リスクを観察する指標。

    同社によると、BSRIは30以上の定量的尺度を用いながら、第3者の定性分析を運用し、債券発行国48カ国を総合的に評価する。データを「財政状況(40%)」、「返済意欲(30%)」、「対外債務状況(20%)」、「金融部門の健全性(10%)」の4つのカテゴリーに分類、各カテゴリーの評価を算出した上で、BSRIのスコアとランキングに反映する。なお、BSRIは各国の信用を予測を意味するものではない。

    (中央社ニュースサイトより 04/24/2013)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop