台湾教育ニュース

  • 杜永光教授、アジア人として初の世界脳神経外科学会会長に

    2013.09.12

    391114593671 台湾神経外科医学会でかつて理事長を務めた、国立台湾大学付属病院神経外科の杜永光教授が13日、韓国のソウルで開かれる世界脳神経外科大会で、世界脳神経外科学会連盟(WFNS)の会長に就任する。アジア人が同連盟の会長となるのは初。

     一方、私立長庚病院で院長を務める魏福全院士(中央研究院会員)率いる微細再建手術チームは昨年末までに、71ヶ国からやってきた再建整形外科の医師1300人あまりに訓練を施している。そこで伝えられた手術方法の多くはすでに世界の主流やスタンダードとなり、中華民国(台湾)は微細再建手術の最先端の輸出国となっている。

    (写真:国立台湾大学付属病院/Taiwan Today 2013年9月11日)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop