台湾教育ニュース

  • 日本企業の海外展開、台湾は人気の進出先No.1

    2013.11.13

     (台北 12日 中央社)英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は現地時間10日付けで日本のネット通販大手・楽天を例に取り、進出し易く中国大陸進出する際の門戸になる台湾は日本企業が海外投資を行う際の最優先進出先だと紹介した。

     また、楽天は2008年の台湾進出後、電子商取引の分野で世界1、2位を争うほどの大企業に成長、多くの日本企業が同社の海外投資ルートをたどり台湾で相次ぎ事業を展開していると指摘した上で、近年日本と大陸との関係悪化がこの流れにさらに拍車をかけていると分析した。

     経済部の統計によると昨年台湾に投資した日本企業は前年比40%増の600社余りで過去最高を記録した。今年は1~9月だけですでに500社近くに上っており、その多くはレストランなど小規模なサービス業だという。

    (フォーカス台湾 2013年11月12日)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop