台湾教育ニュース

  • 平成26年秋の外国人叙勲で台湾から3名が受章

    2014.11.04

     11月3日、日本政府が発表した平成26年秋の外国人叙勲受章者の中で、台湾から陳伯陶氏、鄭清茂氏、林文月女史の3名が、台日間の友好関係の増進等に顕著な功績があったとして、いずれも旭日中綬章を受章した。台湾の受賞者総数は平成26年春と同じく、各国の中で3番目の多さとなった。
     陳伯陶氏は淡江大学名誉教授。これまでに淡江大学日本語学科専任教授および同大学日本研究所所長を歴任してきた。陳氏の受章の功労概要は、台湾における日本研究の発展および学術交流の促進に寄与したことである。
     鄭清茂氏は、これまでに国立台湾大学日本語文学科教授、国立東華大学中国語文学学科教授などを歴任し、現在は国立東華大学名誉教授。鄭氏は、台湾における日本漢文文学および日中文学研究の発展および相互理解の促進に寄与したことが、受章の功労概要である。
     林文月女史は、元国立台湾大学中国文学部教授で、現在は国立台湾大学名誉教授であり、散文作家、翻訳家としても活躍している。林女史の受章の功労概要は、台湾における日本文学研究の発展および相互理解の促進に寄与したことである。

    (台北駐日経済文化代表処「台湾ニュース」)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop