台湾教育ニュース

  • 尾道市長が台湾・嘉義市を訪問 文化や観光交流深化に期待

    2014.11.11

     平谷尾道市長(左)と黄嘉義市長=嘉義市政府提供

    (嘉義 11日 中央社)広島県尾道市の平谷祐宏市長は10日、嘉義市の黄敏恵市長を訪問し、黄市長は文化や観光、教育など多方面での交流促進に期待を寄せた。
     平谷市長が訪台するのは今年2度目。尾道特産のコーヒーや桜とレモンから作った香水などが嘉義市側に渡された。今後もさまざまな分野で定期的な相互訪問を続け、より多くの日本の若者に台湾を知ってもらいたいと語った。黄市長は今年6月に訪日した際にも平谷市長と面会しており、今後の文化交流や観光促進のために、嘉義水上空港と広島空港を結ぶチャーター直行便が運航できればとの考えを示した。

    (黄国芳/編集:齊藤啓介)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop