台湾教育ニュース

  • 台湾のデザイン学部生のポスターが国際コンクールで入選

    2014.07.04

    顔雅?さんの作品『Boom』(樹徳科技大学提供)

     台湾南部・高雄市に位置する樹徳科技大学のデザイン学部生が、相次いで内外のコンクールで受賞。そのうち視覚伝達デザイン学科の林美秀さん、顔雅?さんはいずれも「筆一本」で国際大会での受賞を果たした。
     大学二年生の顔雅?さんの作品『Boom』は、爆発と芯の折れた鉛筆を結びつけたもので、戦地の子どもたちが学ぶ権利を奪われている悲しみを表現。ドイツ・ハイデルベルグの「怒りに勇気を(Mut zur Wut)」国際ポスターデザインコンクールで、世界中の作品から上位30位に選ばれた。
    三年生の林美秀さんの『複製』は、ポーランド・ワルシャワ国際ポスタービエンナーレで入選。林さんは、一本の鉛筆を三本の手が持っているイメージで、他人の作品のコピーや盗作などの著作権侵害行為の非正当性を表現。同作品は現在ワルシャワ芸術アカデミー(Academy of Fine Arts in Warsaw)で展示されている。

    Taiwan Today

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop