台湾教育ニュース

  • 台湾の48大学が「タロワール宣言」に調印、世界3位の多さ

    2014.12.20

     12月19日、台湾の淡江大学、逢甲大学など25大学が、国立台湾師範大学(以下、台師大)において、大学の持続可能な発展を目的とした「タロワール宣言」にそれぞれ調印した。

     「タロワール宣言」とは、1990年に欧米で発足したもので、大学の持続可能な発展に向け、環境への責任を持つ公民を育成するものであり、国内外のリソースを動員し、環境問題に対処していくものである。

     この日調印した25大学のほか、すでに同宣言に調印している台湾の23大学を合わせると48大学となり、これまで大学調印数の国別ランキングでは世界6位であったのが、今回の調印により米国、ブラジルに次いで世界3位となった。

     台湾緑色大学連盟の理事長を兼務する台師大の張国恩・学長は、「タロワール宣言に調印した大学は、授業カリキュラム、キャンパス文化、教員と学生による対応姿勢、コミュニティ協力、ハード面構築など各方面に着手し、『持続可能なキャンパス』への目標に向かって前進していかなければならない」と述べた。

    «2014年12月19日»

    原文:http://goo.gl/BmXSh9

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop