台湾教育ニュース

  • 台湾で「最も好きな国」、日本が56%で首位

    2016.08.09

     日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所が行った台湾住民の対日意識などに関する世論調査の結果、「最も好きな国」(一つ選択)で日本と答えた人が56%(男性59%、女性54%)に上り、圧倒的首位となった。

     2位は中国で6%、3位は米国で5%と、大きく引き離した。

     調査対象となった20歳代~80歳代の全年齢層で、5割以上が日本と回答しており、台湾住民の親日ぶりがデータでも裏付けられた。また、最も好きな国として日本を挙げた人は、2012年の調査では43%だったが、今回の56%は過去最高となった。

     一方、今回初めて聞いた「台湾に最も影響を与えている国」との設問では、中国と回答した人が50%でトップ。2位が米国で31%、日本は3位の11%だった。

    [引用:YOMIURI ONLINE 2016年08月01日

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop