台湾教育ニュース

  • 蔡英文総統、9カ国語で感謝の言葉 日本語も=訪台客数過去最高更新/台湾

    2017.02.09

    (台北 9日 中央社)行政院主計総処が2日発表した交通部觀光局の統計によると、2016年の訪台客数は1069万人に上り、過去最高を記録した。蔡英文総統は9日、短文投稿サイト「ツイッター」上に9カ国語を用いて感謝の言葉をつづった。その中には「ありがとうございました!」と日本語も登場している。

    蔡総統はまず、英語で「2016年にはこれまでより多くの人が台湾を訪れてくれました」と喜びを示し、続いて、英語、中国語簡体字、日本語、韓国語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語で感謝を表現している。

    主計総処の発表によれば、訪台客数は2015年に比べ2.4%成長した。地域別では、中国大陸が351万人(32.9%)と最高。日本は190万人で17.7%を占め、前年比16.5%増加した。

    また、2015年11月からインドネシア、インド、ベトナム、フィリピン、タイを対象に団体客の観光ビザ手続き簡略化を実施したのを受け、2016年は東南アジアからの旅行者が大幅に増加。タイからの旅行者数が57.3%伸びたほか、ベトナム34.3%、フィリピン23.9%など軒並み成長した。

    (葉素萍/編集:名切千絵)

    引用:http://japan.cna.com.tw/news/apol/201702090001.aspx

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop