ブログ

  • 大波乱のセンター試験でしたね

    2011.01.17

    そういえば、週末各地でセンター試験が行われました。今年は例年に無い大雪が降った地域も多く、学生さん達は大変な思いをして試験に臨んだようですね。

    実は、私は受験を経験したことがありません。高校は小・中・高一貫の学校だったのでそのまま進学できましたし、大学は台湾の大学に書類で申請しただけでしたので、いわゆる「受験地獄」という言葉とは程遠い学生生活を送っていました。もちろん学生時代の成績はそこそこでしたが、それでも「自分で自分をほめてあげたい」と思えるほどの努力をしていたわけではありません。
    それなのに、書類審査だったからこそ「台湾大学」に合格することが出来、あとは4年間何とか同級生の力を借りながら卒業までこじつけることができたので、今では中国語はもちろんペラペラ、おまけに台湾大学卒業と、さも優等生のような待遇を受けることが出来るわけです。

    台湾の大学であれば、このような有りえないと思えることが有りえてしまいます。外国人という特権を活かし、中国語も何となく身に付くことができ、しかも優遇された4年間を過ごすことが出来る台湾留学・・・素晴らしくありませんか。

    一所懸命受験に励んでいる皆さんには申し訳ありませんが、台湾への正規留学は「横からちょろっと入学」し、普段の生活を送ることで中国語まで身についてしまいます。これからの時代中国語は必須言語ですから、何度も言っているようですが、これ以上都合の良いことはありませんね。

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター