ブログ

  • 台湾への語学留学

    2011.01.23

    最近、台湾に語学留学を希望される方から問い合わせを頂きます。

    1年間語学留学で台湾に行きたいという内容が殆どなのですが、知っておいて頂きたいのは、英語の語学留学1年と中国語の1年間では、その習得度が大きく異なるということです。

    英語は日本で基礎を学んでいますから、基礎学習後の1年間の留学はある程度のレベルに達するのです、しかし中国語は基礎が出来ている方が殆どおりませんので、まず日本で基礎習得をしてから行くことをお薦めします。台湾大学進学予備校では、学校・会社に通いながらでも週2回×1日4時間の学習を薦めています。1年間日本で基礎を学習してから台湾に行った方が、有効な学習が可能です。

    台湾の語学研修は、1日3時間しか授業がありませんし、英語での授業ですから、基礎の部分を習うだけで1年が終わってしまい、中国語が出来るというレベルには到達しません。時間と費用を無駄にしないためにも、まずは日本で基礎学習をしっかりと行うなど準備をしてからの訪台をお薦めします。

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop