台湾教育ニュース

  • 高校生が金メダル6個、国際ジュニア科学オリンピックで台湾が2位に

    2019.12.17

    台湾の高校生たちが、今年の国際ジュニア科学オリンピック(IJSO)でインドに次ぐ好成績を上げた。国際ジュニア科学オリンピックに参加できるのは16歳未満。今年台湾から参加した6名はいずれも高校1年生で、台湾北部・台北市の台北市立建国高級中学(高級中学は日本の高校に相当)の陳品羲さんと凃凱翔さん、同中南部・嘉義市の国立嘉義高級中学の許翃睿さん、同南部・台南市の国立台南第一高級中学の黄鼎竤さん、劉瓅雯さん、黄芷宣さんが出場した。代表団がカタールのドーハから伝えたところによると、中華民国(台湾)の6選手はいずれも金メダルを獲得、国別の順位でインドに次ぐ2位に輝いた。

    台北市立建国高級中学の陳品羲さんは野外活動が好きで、自転車での台湾本島一周や台湾最高峰の玉山登頂、台湾中部の景勝地であるサンムーンレイク(日月潭)の横断泳を成し遂げている。また、国立台南第一高級中学の黄鼎竤さんはスポーツが大好き。国際ジュニア科学オリンピックに向けたトレーニングで忙しい中、ジャグリングの一種であるディアボロの達人にもなっている。同じく国立台南第一高級中学の黄芷宣さんはリコーダーの楽団に参加したことがあるほか、台南市による国語コンテストの決勝大会で3位になったことも。

    中華民国(台湾)の学生たちは国際ジュニア科学オリンピックで常に優れた成績を残しており、2004年以降、国家別の順位は2014年(5位)を除いていずれも1位か2位となっている。

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop