台湾教育ニュース

  • 台湾からTOEFL満点を2名輩出

    2011.12.01

     今年の11月、国立交通大学と国立台湾大学の女学生がそれぞれTOEFL iBTで万点を叩き出した。先ずは国立交通大学外国語学科の謝??が、台湾で初めてとなるTOEFL iBT120点を獲得し、注目を浴びた。TOEFL iBTは2006年に開設され、それまでの伝統的なTOEFLよりも難しく、英語の得意な人でも高得点を取るのは難しいとされている。謝??はアメリカの大学院に進む為にTOEFLを受験したのだが、満点を取れた事には自分でも驚いているそう。大学で学ぶこと以外にも努力を続け、例えば毎朝早起きして英語のラジオを聞きながら真似をしたり、同時に聞いた内容を要約する練習を繰り返した。
     その後、国立台湾大学の外国語学科に在籍する何邦?もiBT満点を獲得した。彼女は当初台湾大学の経済学科に在籍していたのだが、様々な挫折を味わい、大学2年の2学期に外国語学科に転科し、花開いたのだという。2人は何れも幼少の頃、両親についてアメリカで生活した経験があったが、自らも語学や文学に興味を持ち、勉強を続けていた結果が今回のTOEFL iBT満点に繋がったのである。2人は共にアメリカの大学での進学を希望しており、将来はそれぞれマーケティングや文学の分野で教授を目指すという。

    (引用:2011年11月22日 中国時報)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop