台湾教育ニュース

  • 馬総統が革新的経済政策を発表

    2012.04.01

     馬英九総統は2月3日午後、台湾の7大経済団体が開催した「2012年工商団体旧正月合同パーティー」に出席。内閣はヨーロッパ危機に慎重に対応し、革新的な経済政策で台湾を生まれ変わらせるとスピーチした。
     海外からの投資誘致強化については「日本では対台湾投資ブームが起きており、台湾にある三つのサイエンスパークに、昨年入居した日本企業は47社に上る。日本企業専用に設けたエリアが効果を発揮している」と述べた。台中関係には、「現在、ECFA(台湾海峡両岸経済協力枠組み協議)が扱う品目は全体の5分の1にすぎない。さらに交渉を進め、経済面での協力の強化す る。大陸資本の台湾への投資での受け入れ範囲も、工業製品、サービス業、公共工事などに拡大することが決まっている」と発表。 そして「3月には、台湾へ の個人旅行が認められている中国住民の居住地が、3都市(北京、上海、厦門)から11都市に増やす見通し」であることも述べた。
     行政大陸委員会では、台湾への個人旅行が認められている中国都市の拡大を両岸で交渉を続けている。早ければ2月中に確定するとのこと。観光事業については、「昨年海外から訪台した旅行者は延べ608万人になったが、その大部分は日本や東南アジアからで、中国住民は3割にすぎない」と指摘。台湾の観光業が中国大陸の旅行者だけに頼っていないとの見解を示した。さらに、政府は引き続き観光客の呼び込みに力を入れ、2016年には1000万人の海外からの旅行者を招きたいと強調した。

    (引用:2012年2月14日 台湾新聞)

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop