台湾教育ニュース

  • 日本「平成24年春の叙勲」で台湾から4名受章

    2012.05.02

    日本「平成24年春の叙勲」で台湾から4名受章

     日本政府が4月29日に発表した「平成24年春の叙勲」で、台湾から4名が受章した。今回受章した外国人は47名で、台湾は米国の11名に次いで多く受章した。

     台湾からの受章者は、中国信託ホールディングス会長・台日商務交流協進会理事長の辜濂松さん(男、78歳)、長栄(エバーグリーン)グループ総裁の張栄発さん(男、84歳)、中琉文化経済協会理事長・中琉婦女交流協会理事長の蔡雪泥さん(女、76歳)、元日本交流協会台北事務所現地職員の蒲武雄さん(男、68歳)。

     今回の受章者のうち、辜濂松さんと張栄発さんが1972年の断交後で最高位となる「旭日重光章」を受章。日本内閣府の発表によると、辜氏は「日本・台湾間の経済関係強化及び交流促進に寄与」、張氏は「海運業、造船業、航空業を通じた日本経済の発展及び日本・台湾間の関係強化に寄与」などの功労が高く評価された。

     また、蔡雪泥さんは「日本・台湾間の相互交流・相互理解の促進に寄与」したとして「旭日小綬章」を、蒲武雄さんは「(財)交流協会在外事務所活動に寄与」したとして「瑞宝双光章」を受章した。

     野田佳彦・内閣総理大臣より勲章が授与される「旭日重光章」等の親授式は5月8日に東京の皇居で執り行われる。

    《2012年5月1日》

    引用:台北駐日経済文化代表処

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop