台湾留学までの道のり

本科正規留学

先ず、希望大学・学科や受講スケジュールにより、遅くても留学の半年以上前には中国語を学習し始める必要があります。語学はなるべく早く勉強を始めれば無理なく習得することが出来、発音も綺麗になります。更に、進路の選択の幅も広がります。当センターと連携している台湾大学進学予備校では、最短5ヶ月で800時間の受講が可能で、会話能力だけでなく読み書きも重視しています。(目標となる中国語レベルにより、大学入学までに50~250万円の費用が掛かります。)
留学までの道のり

≪本科正規留学の際に必要な審査≫

台湾の大学や大学院では、各学部で外国人留学生特別枠を設けており、その多くは書類審査のみで合否を判断する為、比較的有利に入学出来る可能性があります。必要な能力や書類は異なりますが、主に以下の様な審査で入学の可否を判断されます。大学への出願に関しては、台湾大学進学予備校の受講生であれば当センターで申請をお手伝いします。
 書類審査に必要な書類の例
◎ 入学申請書
◎ 卒業証明書及び成績証明書
◎ 国籍を証明できる書類
◎ 推薦状
◎ 中国語能力証明書
◎ 英語能力証明書
◎ 自伝と留学計画書
◎ 財力証明書(残高証明)
◎ 健康診断書        等

※近年はオンライン申請が増えてきています。
※一部の書類は、台湾の大使館にあたる駐日台北経済文化代表処にて書類認証の手続きが必要になります。
※上記は必要書類の一例ですので、実際は学校や学科により大きく異なります。