台湾留学までの流れ(道のり)

台湾留学までの流れ

step 01

無料進学説明会参加

台湾の大学への進学に興味をお持ちの方は、先ずは無料進学説明会に参加してください。資料を提示しながら、丁寧に説明いたします。2018年9月からは、偶数月に全国各地で開催していますが、お急ぎの方はご自宅でオンライン説明会に参加することも可能です。(デバイスやインターネット環境は各自ご準備をお願いします。)

  • ※説明会には、事前予約が必要となります。又、学生とご父兄が一緒に参加するようにお願いしております。
  • ※ご予約には、国籍を含む個人情報が必要となります。予めご理解をお願いします。

step 02

(必要に応じて面談)

説明会に参加しても、ご不明な点が多々ある場合、或いは電話やメールでは回答が難しいご相談があった場合、別途個別面談の対応が可能です。ご相談内容や時期により、対面或いはオンライン面談の提案を致します。

step 03

中国語の事前学習(台湾大学進学予備校にて進学直前まで)

台湾への進学を決意したら、ご希望のタイミングで事前の中国語学習を開始していただきます。当センターでは、台湾大学進学予備校と提携していますので、同予備校の在校生であれば当センターからの推薦が可能です。大学に進学した後は現地の学生と一緒に勉強することになりますので、なるべく困らない程度までしっかり勉強が必要です。台湾大学進学予備校は、過去1000人以上もの高校生に指導をした実績がありますので、中国語が全く出来ない状態でのスタートでも安心です。
事前学習開始から入学までのスケジュールはこちら

step 04

進学面談・カウンセリング

主にオンライン面談です。

step 05

志望校決定

面談や自己リサーチを経て、台湾約150大学の中から自分の希望の大学や学科が定まってきたら、最終的に実際に申請する大学及び学科の志望順を決めます。平均5学科選定しますが、最終決定後には早急に申請準備に進みますので、その後の安易な変更は出来ません。自分でもしっかり考え、一度決断したら揺るがないという覚悟が大切です。

step 06

代行申請契約の締結

申請する大学が明確に決まったら、当センターと代行申請の契約書を交わし、手数料(税別18万円~)をお支払いいただきます。契約書とご入金が確認出来たら、必要書類のリストをまとめ、書類の準備を始めて行きます。

step 07

必要書類の準備、大学に提出

高校で準備していただく書類は、卒業証明書(見込み書)、高校3年間の成績証明書、推薦書です。推薦書以外は、必ず英語で発行していただきます。その他、当センターで準備した必要書類リストに基づき、必要な書類を1.5~2ヶ月かけて準備していきます。尚、言語能力が一定基準に到達することを保証した、条件付きでの推薦入学になりますので、申請手続きが終わった後にも更なる努力が必要です。

step 08

合否発表、入学許可

一般的には、大学に申請してから約2ヶ月程度で合否の発表があります。通知が来たら、なるべく早くご連絡します。合格した大学や学科の中から、志望順の高いところを選択肢、入学手続きを進めて行きます。その他の大学には、当センターから順次辞退の連絡をしていきます。

step 09

健康診断、ビザ申請

確実な進学先が決まったら、ビザ申請や入学手続きをサポートする為、手数料(税別6万円)をご請求致します。ビザ申請には健康診断が必要ですので、各自、各地域指定の書式に合わせて健康診断書を提出していただきます。合わせて数週間パスポートを当センターでお預かりし、ビザ申請を行います。それと同時に、大学の寮の手続きや必要書類の送付、学籍登録などもサポート致します。

step 10

渡航日決定、航空券購入

新学期の始まる次期は大学により8月末から9月中旬まで、最長2週間の違いがあります。大学ごとの渡航スケジュールが決まったら、当センターの担当者より航空券購入に関する案内メールが届きます。指定の日程で渡航出来るよう、早急に航空券を予約していただきます。尚、地域によっては前泊が必要になりますが、必要に応じて空港近くのホテル予約もサポートします。

step 11

渡航前オリエンテーション

渡航直前の8月には、各地で渡航前のオリエンテーションを開催します。全員なるべく親子での参加が原則で、現地に行ってから注意すべき点や、必要な備品の購入、知っておくべきルールについて詳しく説明します。
尚、台湾進学予備校の授業は、渡航直前の8月下旬までしっかりと受講を続けていただきます。

step 12

ご出発、正式入学

台湾の大学には、日本の大学のような入学式はありません。ご父兄の同伴はご遠慮いただいていますので、渡航日当日には同じ大学に進学する学生が集まって、大学まで一緒に向かいます。渡航してすぐに必要な携帯電話や寝具等の調達も、必要に応じてサポートしています。

大学が始まれば、周りの先生や友人に助けられながら授業を受けて行くことになります。有意義な4年間になるよう、当センターも引き続きサポートしていきます。

  • ※現地の事務所にもスタッフが常駐していますので、いざという時にもご安心ください。
  • ※年に2回は就職勉強会を兼ねた同窓会を開催しています。

本科正規留学

先ず、希望大学・学科や受講スケジュールにより、遅くても留学の半年以上前には中国語を学習し始める必要があります。
語学はなるべく早く勉強を始めれば無理なく習得することが出来、発音も綺麗になります。更に、進路の選択の幅も広がります。
当センターと連携している台湾大学進学予備校では、最短5ヶ月で800時間の受講が可能で、会話能力だけでなく読み書きも重視しています。(目標となる中国語レベルにより、大学入学までに50~250万円の費用が掛かります。)

本科正規留学の際に必要な審査

台湾の大学や大学院では、各学部で 外国人留学生特別枠を設けており、その多くは書類審査のみで合否を判断する為、比較的有利に入学出来る可能性があります。必要な能力や書類は異なりますが、主に以下の様な審査で入学の可否を判断されます。大学への出願に関しては、台湾大学進学予備校の受講生であれば当センターで申請をお手伝いします。

書類審査に必要な書類の例 入学申請書、卒業証明書及び成績証明書、国籍を証明できる書類、推薦状、中国語能力証明書、英語能力証明書、自伝と留学計画書、財力証明書(残高証明)、健康診断書 等

  • ※近年はオンライン申請が増えてきています。
  • ※一部の書類は、台湾の大使館にあたる駐日台北経済文化代表処にて書類認証の手続きが必要になります。
  • ※上記は必要書類の一例ですので、実際は学校や学科により大きく異なります。

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター
pagetop