台湾留学をお薦めする理由

日本を支えるトライリンガル人材 企業や人材のグローバル化が叫ばれる現在、外国語でのコミュニケーション能力の必要性があらゆる場面で強く感じられるようになりました。しかし、日本ではまだ英語一辺倒で、既に他国では大きく注目されている中国語に至っては、未だ日本人で流暢に話せる人はほとんどいません。大学進学後も、はっきりとした目標がない学生が多く、中退者も増えているのが現状です。また、たとえ大学を無事卒業できたとしても、就職率は年々低下している傾向にあります。
その反面、現在日本のあらゆる産業、業界、分野において、英語と中国語が出来る日本人が求められています。今後の国際社会では、英語のみならず、益々中国語が必要不可欠な言語になるでしょう。その現実に、次世代の若者達、特に高校生はまだ気が付いていません。
日本ではあまり知られていませんが、台湾の共通語は中国語です。歴史上日本に統治されていた為、更には日本ブーム等が起きた為、国全体で日本に対する理解も深いです。多くの台湾人は、日本人に対し好意を持っているので、学生も安心して生活することが出来ます。世界中で最も日本に近い国と言っても過言ではありません。1年以下の短期留学ではなく、台湾の大学で4年間しっかり勉強すれば、中国語はもちろんのこと、英語も身につけることが出来ます。日本人の私達が、最低でも日中英の3ヶ国語の話せるトライリンガル人材になるのは難しいことではありません。
台湾留学でいち早く英語も中国語もマスターし、就職競争力の高い、社会で必要とされる人材を目指しませんか。

就職に有利な台湾留学

なぜ大学を卒業しても就職出来ないのか。

企業が即戦力を必要としているのに対し、必要とされる「スキル」を身に付けていない。
人間力が欠落している。
忍耐力が欠如している。
国際的見地に立てる人材が不足している。

なぜ「中国語」が必要なのか。

英語力を求めている企業は多数あり、英語はもちろん必要である。
企業では、TOEIC860点以上の高レベルな英語能力が必要とされる。
今や英語が堪能な人材は多く、競争が激しい。
多くの企業・業種で中国語が必要とされているが、日本人で中国語の話せる人材はあまりにも少ない為、それ程高い能力までは必要とされていない。
欧米諸国に続き、日本経済も衰退期に入り、国内消費がこれ以上伸びることは無い為、日本が生き延びて行くには、どうしても中国を中心とした東アジアの消費力に頼らざるを得ない。

私達が海外留学の選択肢として「台湾」をお薦めするには理由があります。

ポイント 今求められている英語と「中国語」を確実に習得することが出来る。
台湾の共通言語は中国語(マンダリン)で、しかも昔から伝統的に使われている正漢字を使用しています。
ポイント 外国人留学枠を活用することで、比較的有利に入学出来る。
多くの大学では外国人留学生の為の特別枠を設けており、試験は無く、書類審査等の比較的簡単な審査で入学することができます。
ポイント 生活習慣も日本とあまり変わらない為、安心して日常生活を送ることができる。
観光地としても日本人が多く訪れ、日本人でも生活しやすい環境が整っています。
ポイント 特に大学や大学院への正規留学の場合、日本に帰国後の就職が絶対的に有利
学校で学ぶ専門分野の他に、最大の武器である「英語」と「中国語」を身に付けることができるからです。
ポイント 大学は日本よりも学費が安く、その他の生活費の面でも経済的負担が少ない
学費は年間35万円程度。更に台湾の物価は日本の約2分の1で、生活費にもあまりお金がかかりません。
ポイント 欧米の大学にもリーズナブルな学費で交換留学が可能。
姉妹校提携が進んでいて、欧米への交換留学も台湾の安い学費で出来るところが多く、姉妹校の学位も取得出来るダブル/デュアルディグリープログラムも充実しています。
ポイント 国際的視野を広げることが出来る。
アジアや欧米から多くの留学生が集まる台湾では、日本では体験できないような異文化交流も出来、今のグローバル社会では大きなプラスです。
ポイント 留学生向けの奨学金も申請出来る。
ただでさえ学費が安い台湾ですが、留学生の為の給付奨学金制度も整っているので経済的にも安心です。
ポイント 日本の同等大学よりも勉強熱心である。
台湾の大学生は、大学に入ってからも熱心に勉強するので、学習環境としては最高です。

⇒台湾留学は、日本人にはデメリットは無く、メリットしかありません。

他にも台湾留学の魅力はたくさんありますが、百聞は一見に如かず、勇気を持って挑戦してみましょう!

大学の外国人枠に関する統計

各大学・大学院では、外国人との交流を目的とし、外国人枠による入学を推奨している。(毎年約25,000人)
今現在は、マレーシアを筆頭に、東南アジア各国から多くの学生を受け入れている。
日本人留学生には、およそ2,500人の枠があると想定されるが、現在は1年で100人程度しか入学していない。
⇒日本人は、外国人枠を利用して、有利に入学出来る可能性が非常に高い。

台湾への裏技留学

英語も同時に習得したい方・・・台湾の大学の「応用英語学科」に入学
台湾は、会話中心の授業が多く取り入れられていて、きれいな発音で学習出来る。
楽して卒業を目指したい方・・・台湾の大学の「応用日本語学科」に入学
日本人は母国語なので、卒業しやすく、中国人や台湾人に日本語を教える仕事にも就ける。
台湾留学までの準備

台湾大学への正規留学までの道のり

① 事前の中国語学習(800時間~1,500時間)
※当センターは台湾大学進学予備校と連携しています。
② 12月~3月-申請大学/大学院・学部を決定する
③ 申請に必要な書類を準備する
④ 3~4月-希望の大学(学科)に申請する
⑤ 5~6月-合格発表
⑥ 7~8月-ビザ申請をする
⑦ 8月-航空券の手配及び入学手続きをする
⑧ 9月-台湾へ出発
4年間頑張れば、帰国後は明るい未来が約束されます。

事前の中国語学習

申請時及び入学後に必要となる中国語を身に付けるには、事前学習が必要となります。
多くの大学で必要とされる中国語能力
中国語(華語)能力試験基礎級、学習時間:800時間程度
一流国立大学で必要とされる中国語能力
中国語(華語)能力試験高階級(中級)、学習時間:1,500時間程度
集中学習により、4月から始め、浪人せず同年9月の入学に間に合わせることも可能です。
事前の中国語学習は、連携先の「台湾大学進学予備校」にて専用のカリキュラムを設けております。
当センターでは大学と提携し、100%合格が保証される「指定校推薦枠」を設けています。
※大学への推薦には、総合評価による事前審査が必要となりますので、現在は推薦の対象を連携先の台湾大学進学予備校の受講生に限定しています。

大学比較表
※「最大」とは、奨学金を受給できなかった場合の総額です。
※入学するまでの塾・予備校費等は含まれていません。昨年度進学した学生の60%は、初年度の授業料や寮費が免除になる給付奨学金(平均35万円)を獲得しました。
※進学までに必要な中国語学習時間数は、大学や学科により異なります。(800~1500時間程度)

英語圏への大学進学との比較

中華圏に限らず、海外留学を検討されている学生の皆様には、こちらの比較表が特に参考になるかと思います。
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、そして台湾への留学を、客観的に、そして簡単に必要事項をまとめて比較しました。
英語圏留学の比較表※ボタンをクリックするとPDFファイルが開きます。

お問い合わせフォームへ