台湾教育ニュース

  • NHKに特集された台湾留学サポートセンター│なぜ?広がる台湾留学

    2020.10.30

    今日本の高校生に留学先として台湾が注目されている。
    主要な欧米各国が減少を示す中台湾はこの10年で約5倍増えている。
    群馬県高崎市の高校は台湾から講師を招いて希望する高校生に週5時間程度中国語を教えている。
    今年はこの高校から24人の学生が台湾の大学へ進学した。
    台湾では150を超える4年制大学がある。
    その多くでは中国語に加え英語による授業も行われている。
    日本の学生にとって魅力的なのは安さ。
    学費は日本円で年間40万円程度、日本の私立大学の平均的な学費の約3分の1。
    さらに台湾の大学には経済的な負担を減らす支援策も充実している。
    物価が安いため生活費も低く抑えられる。
    台湾のIT企業ではインターンを設けるのが一般的。
    東京農業大学第二高校・加藤秀隆教頭のコメント。

     

台湾留学サポート特設サイト

台湾への留学を希望する皆様へ 台湾留学サポートセンターからのメッセージ

一般社団法人 台湾留学サポートセンターは、台湾教育部(文部科学省に相当)による国際教育政策に基づき、
台湾の大学に進学したい高校生を支援する為に2010年9月に設立した非営利法人です。

日本の皆様に安心して台湾への留学をしていただけるよう、情報提供や入学手続きのサポート、更には入学後の各種ご相談に対応させて頂いております。
台湾留学を通じて、中国語はもちろんのこと、国際的な視野を身に付け、将来の就職に役立てていただければ幸いです。

最近、当センターを模倣した業者が多数出てきておりますので、ご注意ください。

台湾留学サポートセンター